ハリ・ツヤ
に関するお悩みにおすすめの診療一覧

ミルクピール

診療ご案内ページへ
3つの酸を使用してより高い効果を発揮します。

グリコール酸

サトウキビやブドウなどから抽出されたフルーツ酸で、フルーツ酸の中では一番分子が小さいので皮膚の奥深くに浸透し、組織の機滝を活性化。この働きで角質の除去を促し、不要な組織を取り除くことで肌質が改善し、細かいしわが減少し、肌の色つやが輝きを増し、きめが細かくなります。

乳酸

乳酸は保湿とpHの調整に使用されるのと同時に、抗菌性・脱初期正・保湿効果が美容領域で活用されています。またα-ヒドロキシ酸として角質層における細胞の結合力を向上させるため、肌の凹凸を減少させます。

サリチル酸

十分な濃度であれば、サリチル酸分子は角質を剥離することが出来ます。サリチル酸は角質溶解の特性に加えて静菌性・殺菌性・光防護性や痒み止めといった特性を持っています。 不要な皮膚組織を取り除くのに非常に効果的で、乳酸を皮膚の深部まで浸透させるのを助けます。
ミルクピール

マッサージピール

診療ご案内ページへ
当院では、PRX-T33=PRX(Hydrogen peroxide:過酸化水素、T33=TCA33%)という薬剤を用いて、マッサージピールを行っております。
33%TCAと低濃度過酸化水素を混合した薬剤になり、真皮深層まで浸透する比較的強いディープピーリング剤になります。
通常の薬剤ですと、深層へのアプローチを行うとダウンタイムや発生するリスクを考慮してあまり活用されることはありません。今回のマッサージピールで使用する薬剤のPRX-T33は、33%TCAと低濃度過酸化水素を特許処方をすることで、ダウンタイムや発生リスクを極力減らしながら真皮層へと適切なアプローチを行うことが可能になりました。
診療の特徴
・即効性があります。
・ハリ感・美白作用に効果的です。
・施術の痛みが少ないです。
・リフトアップでお悩みの方におすすめです。
・ダウンタイムが少ないです。
・赤みや腫れがほとんどありません。
マッサージピール

水光注射

診療ご案内ページへ
「水光」とは水に濡れたような瑞々しい、とか潤いとハリのあるという意味です。美容大国の韓国から始まり、日本でも普及しつつある新しい美容治療です。
元々はナパージュ法と言われる、手動で細かく注射していく方法だったのですが、今では機械による注入方法が主流となりました。
手動では深さや量も一定しないし、出血や痛みも強く、皮膚が膨隆して腫れたりダウンタイムが長かったりとデメリットが多かったのですが、それをすべてクリアしてくれたのが Vital Injector(ヴィタール インジェクター)などの注入器です。
当院ではこの機械を導入し、院長自ら患者様のお肌の状態を見ながら施術を行います。
水光注射

マドンナリフト

診療ご案内ページへ
「マドンナリフト®」はあの世界的歌手のマドンナがNYで皮膚若返りレーザー治療を受けて、大変満足した事から名付けられました。
スマートサイドタッチの特殊なレーザー波形による「皮膚の収縮」の強さを利用し、今まで治療の難しいとされていた目元へ応用することで、画期的な眼瞼挙上レーザー照射術が誕生しました。アイシールドコンタクトを入れて眼球を保護するので上下とも睫毛のギリギリのところまでの照射が可能です。もちろん、目周りだけでなく、顔全体や首、デコルテなど他の部位にも照射は可能です。
施術はすべて院長が行いますので、ご安心下さい。
診療の特徴

優れた皮膚収縮力の秘密

当院の使用しているDEKA社の炭酸ガスフラクショナルレーザー「スマートサイドタッチ」は、通常のパルス波形とは異なり、最もフラクショナルレーザーに適している2段階ピークパルス波形を搭載しております。
従来のピーク値が高くパルス幅が短いレーザーだと、蒸散効果は高いのですが熱凝固力は低く、またピーク値が低くパルス幅が長いレーザーは、蒸散力が低く深層への熱作用が低いというデメリットがありました。
これらの単一系の強みを融合し、弱点を克服したスマートサイドタッチは「十分な蒸散効果」を保ちつつ「深層へ効率よく熱作用を与える」ことが可能になりました。
目元だけではなく、美肌・毛穴・テクスチャーの改善はもちろん、難しい部位とされていたデコルテや首への照射も可能になりました。

スマートタック機能

最高5回、熱量を分析して同一部位に連射するスタックモードは、表皮ダメージを抑えつつより深層部への蒸散・熱作用が可能なため、赤みや色素沈着のリスクを大幅に軽減することが可能になりました。
深いシワ、アクネスカー、傷痕など深層へのアプローチが必要な診療に対して高い安全性と効果をもたらします。
マドンナリフト