2016.12.10

顔見世興行

高校の同級生と京都に一泊して歌舞伎の顔見世興行を観て来ました。
十数年前から毎年何処かに旅行に行ったり、観劇や相撲観戦など6人グループでワイワイガヤガヤ、姦しいおばさんツアーを続けていますが、昨年は還暦記念で思い切ってイタリアに出かけ、今年はちょっと大人しく近場で楽しもうというわけです。

今年は南座が休館の為、先斗町の歌舞練場で行われていますが、かえってこの方が舞台も近く芝居小屋の風情で雰囲気が盛り上がります。
私たちは第一部だったので、愛之助が主役を務める「実盛物語」と五代目中村雀右衛門の襲名披露でした。近くで見ると声のトーンや眼の動きなど、テレビではわからない細やかさが迫力と共に伝わり、伝統芸能の素晴らしさを肌で感じることができました。

前夜は京料理に舌鼓を打ち、歌舞伎の後は錦市場で買い物、と師走らしい京都を堪能して大満足でした。

 

 

  • app

大阪駅から徒歩5分