2011.11.03

車窓より

新幹線が好き、というよりも乗り物が好きだ。普通の電車はもちろんのこと 飛行機も船も自動車も 移動手段になるものはすべて好きだ。
乗るだけでなく、走っているのを見るのも好きなのでホテルもつい駅近のところになってしまう。
移動することが好きなのか 乗っているいう事が嬉しいのか 自分でも分析したことはないけれども 車窓からの景色もまた楽しみのひとつである。
春は桜 レンゲ畑 菜の花の黄色 夏は雲 秋はヒガン花に始まり今はコスモス きりん草 紅葉 そして冬はところにより白銀の世界もあり 雪解けて春への移り変わりが見てとれる。
大阪ー東京間は飛行機派と新幹線派に分かれるが 季節が感じられるので断然新幹線を選ぶ。

 

11月3日は晴れの特異日と言われるが 今年は11月1日も全国的に素晴らしい晴天だった。月に1度の休みを利用して油壺の伯母に会いに行って来た。
途中車窓から見えたのがこの富士山、今年は初冠雪は早かったもののすでに溶けてしまったらしく 雪化粧はないが雄大な姿を見ることができたのでデジカメと携帯に収めることができた。
考えることは皆同じで 他の座席からもパシャパシャとシャッターを押す音が聞こえる。
この時ばかりはもう少しスピードを緩めてほしいと思うのは私だけではないかもしれない。

京浜特急に乗ると 今度は三浦半島から海の向こうに富士山を眺めることができ、色んな角度から富士山三昧の素敵な休日となった。

  • app

大阪駅から徒歩5分