2012.05.14

母の日

母の日に長男夫婦からは ロングTシャツを、次男からはミニひまわりの栽培キットをもらいました。

昨年は何故か二人から来なかったので少し寂しい思いをしていましたが 今年からまた復活したのでとても嬉しかったです。
離れて暮らしていても ちゃんと母を思い出してくれて 何がいいのか?と考えて それらを持ってきてくれたり 送ってくれたり 忙しい中にそんな時間を割いてくれたこと 感謝、感謝です。

母の日と言えば、以前はいつも兄弟二人で買いに行って ひとつの物をくれることが多かったのですが 長男が結婚し、別々にくれたのが今年初めてのことかもしれません。
これもまた彼らが大人になった節目ということで感慨深いものがありますが 小さい頃にくれたプレゼントで忘れられないエピソードがあります。

それはまだ二人が小学生だった頃、夫が単身赴任で家に居なかった時のことでした。
お小遣いを出し合ってコンビニで一輪のカーネーションと赤いマニキュアをプレゼントしてくれたのです。
私は医療従事者ですから マニキュアを塗ることはできないのですが 子供たちは「お母さんは持ってないからできないのだ」と思ったのでしょう。
仕事と家事 子育てであまり着飾ることもなかった私に「もう少し綺麗にして」というメッセージも込められていたのかと思い ハッとさせられたり 二人の気持ちが嬉しくて胸が熱くなったことを今でも思い出します。

翻って自分は、と言えば毎年ちゃんと母の日にプレゼントなんかしてただろうか?今はもう他界した母に確かめることもできませんが 心に残るようなプレゼントができただろうか?
専業主婦の母は家にいるのが当たり前で 家事をするのも当たり前のように見ていた私は いつも大変だねえと労う言葉ひとつかけたことがなかったように思います。

今にして思えば 専業主婦も兼業主婦もお母さんはみんな同様に大変で有難い存在なのに どうしてもっと優しくできなかったのかなあと情けなくなります。
親不孝ではないけれども 決して100%満足させてはいなかったことを思うと 息子たちはなかなかやるもんだなあと我ながら褒めてあげたい気持ちです。

  • app

大阪駅から徒歩5分