2011.07.08

心癒されて 

パットの家は以前トロント市内にあり、週末だけ郊外にあるセカンドハウスに移動するという生活でした。
最近ご主人のボブがリタイアしたのを機に 市内の自宅は処分して セカンドハウスをリニューアルし、そこに移り住んだばかりとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

どこまで敷地かわからないほど広大な平原の中にある、でっかい二階立ての家の前には家よりずっと高くて大きなかえでの木が数本立っていてブランコがぶらさがっていたりします。
とにかく今回はのんびり癒されるのが目的の旅なので 私の目的にはぴったりのロケーションでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

度の食事もほぼパットの手作りで サラダ用の野菜は家庭菜園から取ってきます。
ショッピングセンターへ食材の買出しに行ったり、オンタリオ湖のほとりを散歩したり サンドイッチを持って公園に行ったり 夜は家のまわりで蛍狩りをしたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 7月1日はカナダの建国記念日と思われる「カナダデー」であちこちに国旗が掲げられ、親戚が集まって「ハッピーカナダデー!」と乾杯の嵐です。
日本で言えば「あけましておめでとう!」的なお祭りムードでこちらまでハッピーな気分になれました。

寛大で明るいミチナー家の人々に歓迎され、家族の一員のように過ごさせてもらったことも嬉しかったし、久しぶりに使った英語が思いのほか通じたことも意外でした。
言葉の壁に阻まれてストレスがたまるかも?と覚悟して行った旅行でしたが、このままずっとここに住めるかも、と思えるくらい溶け込むことができて 本当に癒されました。
土地の「気」によってパワーをもらうというようなことは宗教じみたことだと思って信じていなかったのですが 今回は自分の身体で体感し、ここが自分にとってのパワースポットかと思うくらいです。

最後にありったけのの語彙を駆使して感謝の気持ちを伝えたのですが どこまでパットにわかってもらえたでしょうか?

 

 

 

  • app

大阪駅から徒歩5分