2010.01.06

年末年始の過ごし方

知多半島の西海岸にある「海のしょうげつ」より

 

 

 

 

 

 

 

年末はいつも大学の同級生と温泉旅行をしてから浜松の自宅に帰ることにしています。
今年は知多半島の西海岸にある「海のしょうげつ」に行きました。向かいには伊勢湾をはさんで津市が蜃気楼のように見え、
宿が小高いところにあるので
部屋の露天風呂からは伊勢湾が見下ろせます。沈む夕日を眺めながら一年を振り返り親友とほっこりするひと時は年の最後に欠かせない行事となっています。

大晦日は別の友達と年越しパーティーをし、元旦は家でゆっくり。2日は大学の後輩といつものところでランチをしてお互いの近況報告。3日は息子たちと初詣&お墓参り、4日あたりからそれぞれの場所に帰っていく。

だんだん毎年の予定がパターン化してきたように思うけど
今年長男が結婚するので もしかして来年からは違った予定になるのかも?

でも1週間も仕事を離れたら体調がどうも元に戻らない。働いてる方が身体の調子がいいような気がするのは貧乏性ってことなのかな。

お正月休みは気を緩めすぎず 適度に休養して運動することが大切ということをいつも感じつつ やっぱり年末になるとその教訓を生かすことなくだらだらと過ごしてしまうのでした。

  • app

大阪駅から徒歩5分