2007.12.05

体験!血小板療法

最近

急激に巷のトレンドとなった血小板療法、PRP療法とか自己多血小板血漿注入法とも言います。

やはり流行りものはまず自分から試して
お客様にご提供できるものかどうかを確認したいということで
体験してみました。

注入する前にはまず麻酔クリームで患部に表面麻酔をします。
私の場合は眼の下のちりめん皺がターゲットです。
麻酔が効いているので注入するときはほとんど痛みはありません。
注入の後もさすが自分の血漿だけあって吸収も早い。
あくる日はほとんど分からない程度に腫れがひいていました。
そして待つこと2週間。毎日見ているので大きな変化はありませんが
確かにお化粧をする時 ファンデーションの伸びが違います。
そして夕方
小皺の部分が目立ついやな時間帯にも今までほどは気にならなくなりました。
細胞の再生を刺激すると言われるこの治療法は薄紙を剥ぐようにではなく
積み重ねるように皮膚の下に細胞を再生するため
一度で二十歳に戻るのは無理かもしれませんが

何回か繰り返すことによりあの頃のぷるるん肌に戻れるのは夢ではないと実感です。
自分の皮膚細胞からすべての臓器が再生できるという時代ですからできないことは何もないということでしょう。
ほんと 長生きはするもんです。

  • app

大阪駅から徒歩5分