2012.09.22

フェイスブックのすすめ

ソーシャルネットワーク(SNS)にはミクシーやツイッター、フェイスブック(FB)など他にも色々と種類があります。

私も少しずつやってみて 結局今はFBだけが残りました。
人と人を結びつけるコミュニケーションツールというだけあって 旧知の友人と再び親交が持てたり 遠く海外にいる人も身近に感じることができたり、友達の友達という形で色んな人と知り合うこともできます。

それぞれが好き勝手に興味のある情報をアップするので、もちろん自分にとっては興味のない情報もありますが 自分だけの世界よりも見聞が広がり 知識も増えることになります。
格言が好きな人もいれば 読書家は本の紹介をしてくれます。映画、音楽はもちろん、車、スポーツなどジャンルは多岐にわたります。

仕事がらみの内容が多い人は本当に仕事が好きなんだな、ということが伝わるし しょっちゅうアップする人はマメな人だなあ、などと意外な人となりを発見できることもあります。

旅行先から現地の様子がリアルタイムで伝わることもあれば 結婚 出産など相手の近況を素早く知ることもできます。

私の場合は息子たちとも繋がっているので 元気で楽しくやってますよ、という自分の近況を知らせるために アップすることが多いです。

最も多くて無難なものと言えば 食べ物やお酒の写真です。私は食欲が旺盛すぎてすぐに口に運んでしまうので つい写真を撮り忘れますが 最近は。食べる前に取りあえず写真を、という習慣が身について来ました。でもちょっとすましたレストランや気難しそうな大将のいる和食屋さんなど 時と場所を選ばないと顰蹙をかうことになりますから空気を読まないといけませんね。

個人情報を知られるのを嫌って SNSにあまり手を出したがらない人もいますが 上手に活用すれば生活そのものを楽しくすることができて 話題も増えるし いくつになっても取りあえず時代の波に乗ってみるというのは脳の活性化になると思います。

  • app

大阪駅から徒歩5分