2015.10.12

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸をお顔に注入することによって 法令線(鼻唇溝)やゴルゴライン(ホホの真ん中にできる斜めのライン)マリオネットライン(口角から顎にかけてできる縦のライン)などを浅くする治療法はかなり一般的な美容医療として浸透してきたように思います。
最近ではアラガン社のジュビダームやガルデルマ社のレスチレンが国内承認品として売られており、それぞれの会社がセミナーを開いたり 雑誌やポスターで大々的に宣伝したり 皆さんの目に触れる機会も多くなって来ましたね。
注入の仕方やコンセプトも会社によって違ったり、時期によっても流行があり、治療する側も常に新しい情報をキャッチして 患者さんに最新で最良の治療を提供することが求められます。
現在アラガン社が提唱している、ヴィスタ シェイプなども そのひとつです。法令線にヒアルロン酸を直接注入するのではなく 頬を高くすることで全体的に若々しい印象を作り、顎のラインを整えることでフェイスラインを美しく、美人顔を目指すというもの。それにプラスして眉間や額にボトックスを注入すると お顔の上半分もさらに若返ります。
もちろんそれ以外にも鼻筋をスッキリ高くしたいとか、唇をボリュームアップしたい、などアンチエイジング以外の目的でもヒアルロン酸は使うことができます。お客様とコミュニケーションを密に取り、それぞれの要望をきちんと聞いてより良い結果がでるようにと心がけて治療を進めて行きたいと思っています。
因みに当院で現在使っておりますのは アラガン社のジュビダームです。

  • app

大阪駅から徒歩5分