2014.06.18

Patからの手紙

トロントに住む友人のPatからメールが来ました。何万キロも離れている貴女のことをいつも思っているのよ、と。

2年前にお邪魔した時に旦那様の認知症が少し始まっていて、これから大変になりそうな予感がしたので昨年はあまり連絡もしなかったのですが。

ついに彼は専門の施設に入り、彼女はあの大きな家でひとり住んでいるらしい。

あまり流暢ではない、拙い英語しか喋れない私だけど何故かとても心が通じ合う。

日本語話せるのに心が通じ合わない相手も沢山いるのにね。言語は関係ない、ハートが何より大事ということを教えてくれた貴重な友人です。

思い切って会いに行って来よう❗️

  • app

大阪駅から徒歩5分