2015.02.21

日陰の女

陽射しがだんだんと春めいて明るく力強さを感じます。紫外線量もきっと増えてるんだろうなあ、と思い 道を歩く時も少し遠回りしてもビルの日陰を歩き、信号待ちも日陰を探し、街中はできるだけ地下道を歩きます。
ずっと昔「日陰の女」というテレビドラマがあった事をふと思い出しました。田宮二郎の愛人役の山本陽子が麻酔科の女医という役どころでした。
麻酔科はオペ室にいつもいて、目立たないけど外科を支えてオペが円滑に進行するように患者さんを管理する、言わば縁の下の力持ちです。それと愛人という存在をなぞらえて「日陰の女」というタイトルもどうかと思うけど・・・。

  • app

大阪駅から徒歩5分