IgG検査(フードアレルギー検査)

院長からのひとこと

肌荒れ、身体の不調、偏頭痛、などなかなか治らない症状の原因はお食事かもしれません。 時間が経ってから症状が現れる、遅延型アレルギーの検査も一度してみたら?

IgG検査(フードアレルギー検査)の診療概要

IgG検査(フードアレルギー検査)の診療概要特定の食物がアレルギー反応を引き起こし、健康な身体に負担をかけることがあることをご存じですか?。IgG検査(フードアレルギー検査)は、食物によるアレルギーがあるかを調べることができます。遅発性のIgG抗体アレルギーは、気づきにくいタイプのアレルギーであり、長年の食物摂取によって、知らない間に蓄積されています。

アレルギーの違い(IgEとIgG)

●IgE
IgEアレルギーは特定の食物を摂取して、すぐにIgE抗体が発生するアレルギーです。2~3時間以内に反応するもので、即発性アレルギーと言われています。
●IgG
IgGによる食物アレルギーの反応は数時間から数日まででる可能性があります。アレルギー反応が遅いため遅発性アレルギーと言われることもあります。IgG抗体は食物アレルゲンと結合し、複合体を作り、血流に運ばれ、体内に蓄積され、炎症を起こします。

検査内容

乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、しょうが、コーヒー、スパイス、昆布など日本人の食生活に馴染み深い96種類を検査します。

乳製品 牛乳、ヨーグルトなど6種類
フルーツ リンゴ、バナナ、レモン、オレンジなど17種類
ナッツ・穀類 白米、大豆、アーモンド、トウモロコシなど19種類
野菜 キャベツ、にんじん、もやし、トマトなど24種類
肉類 牛、鶏、卵黄、卵白、ラム、豚
シーフード カニ、イカ、牡蠣など11種類
スパイス カレーパウダー、しょうが、マスタードなど6種類
その他 カカオ、コーヒー、緑茶など7種類

フードアレルギーに起因する症状

  • アトピー性皮膚炎、疱疹状皮膚炎、じんましんなどの皮膚疾患
  • 消化不良、吐き気、便秘、下痢などの消化器官の不調
  • 極端な感情起伏、不安、過食症、集中力不足、睡眠障害、などの精神不調
  • 慢性疲労、鼻詰まり、頭痛、片頭痛など
  • 筋肉痛、関節痛、関節の炎症、関節リウマチなど

治療の流れ

STEP1
カウンセリングを行い、症状などを詳しく教えていただきます。
STEP2
専用の針で指先から少量の採血をします。
STEP3
約3週間程度のお時間をいただきます。検査結果をもとに、医師によるカウンセリングを行います。
STEP4
医師の指導のもと食生活の変更、サプリメントの摂取等、アレルギーの原因を和らげる治療を行います。

IgG検査(フードアレルギー検査) 診療費用 ※税抜き価格になります。

IgG検査(フードアレルギー検査) 1回 ¥30,000

※他の検査と同時に受けるとお得になります。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

大阪駅から徒歩5分